【使える英語フレーズ】「お疲れ」「お疲れ様」の正しい使い方と例文

皆さんは英語で「お疲れ」「お疲れ様」と言った経験はありますか?

日本語でよく使う上、かんたんなフレーズなのにもかかわらず、英語でいうとなると「なんていうんだろう?」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか?

結論からいうと、英語には「お疲れ」「お疲れ様」と直接的に表すフレーズはなく、日常的に使うシンプルな挨拶・励まし表現で言うことができます。

そんな『労い』の意味をもつ「お疲れ」「お疲れ様」を表すフレーズを見ていきましょう!

%e3%81%8a%e7%96%b2%e3%82%8c

目次

  1. 出会ったとき、挨拶としての「お疲れ様」
  2. 帰り際に言う「お疲れ様」
  3. 何かを成し遂げたときに言う「お疲れ様」
  4. 努力した人に向けて言う「お疲れ様」
  5. まとめ

スポンサードリンク

hulu2

1. 出会ったとき、挨拶としての「お疲れ様」

友人や会社の同僚や上司に会ったときの挨拶として「お疲れ!」「お疲れ様です!」がありますが、英語では日々の挨拶 (「やあ!」や「おはよう!」など) や「元気ですか?」というフレーズが代わりに使われます。

「労いの言葉」という概念自体が英語圏にはなく、日本語の独特な言い回しであるためこのような表現方法となります。

例をあげると、

・”Hi!” / “Hey!”
・”Hello!”
・”Good morning!” /  “Good afternoon!” / “Good evening!”

以上の挨拶に付け加えて、

・”How are you?” / “How are you doing?”
・”How’s it going?”
・”What’s up?”
・”What are you up to?”
・”What’s going on?”
 
などなど。。。以上の基本的な挨拶表現で「お疲れ様」「お疲れさまです」と表現することができます。

〜例文〜

(カジュアルに)
例: Hey men! what’s up?
訳: よう!元気か?

 

(フォーマルに)
例: Good morning Mr. Jones. How are you doing?
訳: ジョーンズさんおはようございます。お元気ですか?

 

スポンサードリンク

nativeenglish

 

2. 帰り際に言う「お疲れ様」

帰り際に「お疲れ!」「お疲れ様!」というシチュエーションでは「また明日!」とか「よい一日を! / よい夜を!」などのフレーズが代わりに使われます。

・”See you tomorrow!” / “See you on Monday!”
・”Have a good day!” / “Have a good night!”

などのフレーズが一般的に言われます。

〜例文〜

(仕事後の飲み会が終わり…)
例: So, See you tomorrow everyone!
訳: じゃあ、また明日ね!(お疲れ!)

 

(花金を終え帰宅時に…)
例: Have a good weekend!
訳: よい週末を!(お疲れ!)

I hope” を前につけるとフォーマルな表現になります。

例: I hope you have a good night.
訳: よい夜をお過ごし下さい。(お疲れ様です。)

 

3. 何かを成し遂げたときに言う「お疲れ様」

取引先とのプレゼンを成功させた時やスポーツのゲームで勝利した時に褒めの言葉として「お疲れ様」といいたい場合には、「よくやった!」や「いい試合だった」などのフレーズを代わりに使います。

・”Good job!” / “Great work!”
・”Excellent presentation!”
・”Brilliant game!”

つまり、「すごい」や「すばらしい」を表す形容詞  + 「成し遂げたこと」という形で単語を組み合わせてしまえば、かんたんに「お疲れ様」ということができます。

スポンサードリンク

study

 

〜例文〜

(友人がコンサートの発表会を終えて…)
例: Great concert!
訳: いいコンサートだったよ!(お疲れ様!)

 

(部下が大型案件の契約を成立させて…)
例: Great work!
訳: よくやった!(お疲れ様!)

 

4. 努力した人に向けて言う「お疲れ様」

・”You must be tired.”
・”You must be worn out.”

長時間仕事やスポーツの練習に打ち込んだ人に対して、文字通り「お疲れ様」といいたいときに使える表現です。

“must” は「〜に違いない」という意味で、”tired”、”worn out” は共に「疲れた」という意味です。つまり、「あなたは疲れたに違いないよね」と直訳することができます。

「疲れた」を意味する他の形容詞として、”exhausted” や “fatigued” もあります。

スポンサードリンク

york

 

〜例文〜

(残業を終えた同僚に対して)
例: You must be worn out!
訳: お疲れ様!

 

(練習を終えた野球部員に対してマネージャーが)
例: You guys must be exhausted!
訳: みんなお疲れ様!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回紹介した「お疲れ様」のように「英語でなんて言うんだろう?」という疑問に直面したときには、その単語やフレーズを他の意味の似た表現に変えて考えてみることをお勧めします。(何かを成し遂げた人に対して「お疲れ様」→「よくやったね」のように)

そのような考え方を常に意識して英語を学習していれば、なんといえばいいか分からない状況でも瞬間的に対処できるようになってくると思います!

語学はインプットとアウトプットが重要です。テキストや専門サイトで単語やフレーズを覚えたとしても使わなければすぐに忘れてしまいます。1日15分でも毎日会話の時間を作ることをお勧めします! → 無料体験レッスン2回無料! DMM英会話

〜おすすめ投稿〜

【スラング英語】「外国かぶれ (かぶれてる)」を表すスラング表現!

【使える英語フレーズ】「もったいない」は英語でなんていう?

【スラング英語】「パニクる」「パニックになる」を表すスラングフレーズ6選!

▲ 目次に戻る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中