[かんたん英会話]会話で効果大!使える英語フレーズ13選!

What’s up guys!

皆さんは、英語を話している時に「そういえば日本語でいつもこのフレーズ使ってるけど英語ではどうやって言えばいいんだろう?」といった経験はありませんか?

例えば、「常識的に」とか「そういえばさ」など主に文の頭に置かれるフレーズが多いのではないでしょうか?(辞書で探してもなかなか見つからない場合が多いですよね…) ちなみに前者の「常識的に」は”Generally speaking“、後者は “Speaking of which“といいます!

今回は厳選13個の使える英語フレーズをご紹介していこうと思います!

%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%9b%e3%81%84

① 「よく言うでしょ!」

“You know what they say, 〜”

文中の”They”は一般の人びとを指します。「一般的にいえば」とも解釈できます。

A: Hey! It’s been ages! I think I’m forgetting my Spanish. (よお!久々!おれスペイン語忘れてきちゃってさ笑)

B: Well, you know what they say, use it or lose it! (ほら、よく言うじゃん、使わなければ忘れるって!)

※ “Generally” とか “Generally speaking”とも置き換えられます。

② 「なんだかんだいって」

“When all said it done, 〜”

 

いろいろな意見をきいて、最後のまとめとしてこのフレーズが使われます。「つまり」とか「結局」とも解釈できます。

 

A: I think people are addicted to Instagram too much. Don’t you think so? (みんなInstagram にはまりすぎだと思わない?)

B: Yeah, but when all is said and done, they can’t let it go. (まあね。でもなんだかんだいって、みんな手放せないよね。)

dmm

③ 「よくわからないけど、」

” I can’t put my finger on it, but 〜”

確かに理由はあるけれど、なんとなくはっきりと示すことができない時に使われるフレーズです。

 

A: To be honest with you, I didn’t like that movie. (正直、あの映画あんまり好きじゃなかった。)

B: How come! It was so impressive right? (なんでよ!めっちゃ感動的だったじゃん!)

A: I can’t put my finger on it, but something was wrong with me. (よくわからないけど、何か違ったんだよね。)

④ 「最悪の場合、」

“If worse comes to worst, 〜”

今の悪い状態が、もっと悪くなったらと示したい時に使われるフレーズです。

A: I have neither money nor food at my home! I’m starving. What should I do? (お金も食糧もない。腹減った!どうしよう。)

B: Well, If worse comes to worst, you can move back in with your parents. (最悪、実家に引っ越しちゃえばいいんじゃない?)

 

※ “At worst” でも「最悪の場合」と言うことができます。

⑤ 「良くも悪くも 、」

“For better or worse, 〜”

 

ある決断に対して、良いことか悪いことかが分からない時に使われるフレーズです。「どちらにせよ」とも解釈できます。

 

A: Is it true you are going to live in London although you don’t speak English at all? (ロンドンに住むってホント?英語全く話せないよね?)

B: Yeah, for better or worse, I need some change in my life. (ホントだよ。良くも悪くも、新しい変化が欲しいなと思って。)

toeic

⑥ 「おまけに、」

“Just for good measure.”

 

感謝の意、または手助けしたことに加えて何かもう一つ与える時に使われるフレーズです。文の最後で使われることが多いです。

 

A: Thank you for shopping! I also added one more chocolate, just for good measure. (ウチで買い物してくれてありがとう!おまけにチョコレートもう一個おまけしておいたよ!)

B: Oh really? Appreciated! (ホントですか?ありがとうございます!)

⑦ 「それが本当だとしても、」

“Even if that were true, 〜”

“Even if ~” は「たとえ〜でも」という意味で仮定文を作ることができます。この場合は100%確かではないので、”Even if that were true” と仮定法過去形にします。(「それが本当だとしても」→ 本当ではないかもしれない)

A: Don’t you think these guys are trying to rob that girl of wallet? (あいつらあの女の子の財布盗もうとしてないか?)

B: I don’t know. Even if that were true, what the heck should we do? (分からないよ。それが本当だとしても、いったい俺らはどうしろってんだ。)

⑧ 「忘れないうちに、」

“Before I forget, 〜”

「忘れる前に」と訳せば分かりやすくなると思います。このフレーズ以外にも、”Before you go” (君がいるうちに) や “Before she sleeps” (彼女が起きてるうちに) などと応用を利かすことができます。

A: Look everyone! Is everything clear so far? Any questions on this lesson? (皆さん!ここまで質問ありますか?)

B: No problem! (大丈夫です!)

A: Great! Before you forget, I recommend you all to take notes in details. (忘れないうちに、しっかりメモしておいてくださいね。)

⑨ 「仮に、」

“Let’s say 〜

 

“Let’s say 〜” は「仮に〜だとしたら」という意味を持つ口語表現です。”Let’s” を省いて “Say 〜” でも言うことができます。”Let’s say 〜” に続く文は「仮定法過去」を使いましょう。

 

A: Do you also want to stop by in Spain during our trip? (旅行中、スペインにも寄りたい?)

B: Umm, Let’s say we stayed there for a day, we might be lack of money. (んー。仮に1日滞在したら、お金足りなくなるかもね。)

 

※ “If + 仮定法過去” でも同じ意味で使うことができます。

⑩ 「どんな時でも、」

“At any given time, 〜”

“Always” に似ているように見えますが、”At any given time” は短い時間に焦点を当てています。一方、”Always” は「継続的に」といった意味も含みます。

A: Her Website gets a bunch of visitors, doesn’t it? (彼女のウェブサイトたくさん閲覧者がいるんだよね?)

B: Yes! At any time given, there are about 1,000,000 visitors. (そうだよ!どんな時でも100万人はいるんだってさ。)

expedia

⑪ 「控えめにいっても」

“To say the least.

文字通り、実際はもっと悪いけれども、抑えて控えめに説明したいときに使われます。文末でよく使われます。

A: Hey! I’m so sorry for letting you wait for 2 hours. (2時間も待たせてホントごめん!)

B: Men, It was very tiring, to say the least. (はぁ、控えめにいったとしても、ホント疲れた。)

⑫ 「簡単にいうと、」

“Long story short, 〜”

直訳すると、「長い話を短くすると」になります。長い話を短くまとめて話したい時に使われます。

A: I didn’t get a phone call after all from the company where I had taken an interview last week. (結局、先週面接受けた会社から連絡来なかったよ。)

B: So, What do you mean? (で、何がいいたいの?)

A: Long story short, I wasn’t able to get the offer. (簡単にいうと、落ちたってことだよ。)

 

※ “To cut a long story short” とも言えます。

⑬ 「失礼かもしれないけど、」

“I don’t mean to be rude, but 〜”

相手に失礼なことやダイレクトな返答をする時に、言葉を和らげるために使われます。

A: What do you think of today’s my outfit? (今日の私のファッションどう思う?)

B: Umm, I don’t mean to be rude, but it’s kind of strange. (んー、失礼かもしれないけど、ちょっと変だよ。)

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回紹介した13フレーズをぜひ積極的に使ってみて下さい!今後も第二弾、第三弾とこのような使える英語フレーズを紹介していこうと思っていますので、フォローして頂ければ幸いです^^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中