【使える英語フレーズ】英語で「イライラする!」を表す10フレーズ

今回は英語で「イライラする!」を表す10フレーズをご紹介します!

皆さんはどんな時に苛立ちを感じますか?

恋愛や人間関係、学校での課題やお仕事であったりと様々な場面で使われる表現だと思います。欧米諸国では日本と比べてより明確に感情を表現する人が多いので、「イライラする」のフレーズは頻繁に使われます。しっかりと覚えて英会話の枠を広げましょう!

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a9

目次

  1. “Be pissed off”
  2. “Be frustrated with”
  3. “Be annoyed with”
  4. “Be irritated with”
  5. “Be sore about”
  6. “Be vexed with”
  7. “Be impatient with”
  8. “It drives me crazy”
  9. “Be edgy”
  10. “Be crabby”
  11. まとめ

スポンサードリンク

hulu2

1. “Be pissed off”

Be pissed off” は非常によく使われる口語表現です!主に若者がよく使っているイメージです。そのためフォーマルな場所や目上の人に使うのはやめましょう。私自身このフレーズを使っている非イングリッシュネイティブを見ると「お!英語知ってるなこの人!」という印象を持ちます。(個人的なイメージですが笑)

A: What happend to you Mike!
(どうしたマイク!)B: I’m really pissed off because…….
(あーイライラする!それがさ….)

 

[補足]

・自分主体の形をとります。ex) I, You, We

“イライラさせるもの+Piss(es)+イライラする人+off”でもOK!

例:This weather pisses me off!
訳:この天気いらいらするー!

 

2. “Be frustrated with”

“Be frustrated with” も非常によく使われる表現です。日本語でもよく「フラストレーションが溜まる」といいますよね!「がっかりした」というニュアンスも含まれます。

A: I‘m so frustrated with Taro.
(タローにイライラする。ほんとに。)

B: How come? Is it because he overslept again?
( どうしたぁ!またあいつ寝坊したから?)

 

[補足]

“I’m frustrated” だけでも「イライラする」と表現することができます。”With” をつけることによってイライラの理由を説明できます。

 

スポンサードリンク

nativeenglish

 

3. “Be annoyed with”

“Be annoyed with” もよく使われる表現です。「一時的にイライラする」というニュアンスを持ちます。

例: I was so annoyed with the train I took this morning because it was super crowded!
訳: 今朝満員電車で私はすごくイライラした。

 

[補足]

・”I’m annoyed” だけでも「イライラする」と表現することができます。”With” をつけることによってイライラの理由を説明できます。

“イライラさせるもの + annoy + イライラする人”でもOK!

例:  The train I took this morning annoyed me!
訳: 今朝乗った電車は私をイラつかせた。

 

4. “Be irritated with”

“Be irritated with” はニュアンス的に③の”Be annoyed with”に似ています。”Be annoyed with”の方がよく使われるイメージが個人的にあります。

例: I’m sometimes irritated with her selfishness
訳: 私は彼女のわがままに時々イライラする。

 

[補足]

  • “I’m irritated” だけでも「イライラする」と表現することができます。”With” をつけることによってイライラの理由を説明できます。
  • “イライラさせるもの + irritate + イライラする人”でもOK!
例:  Her selfishness sometimes irritates me.
訳: 彼女のわがままは時々私をイライラさせる。

 

5. “Be sore about”

“Be sore about”はアメリカでよく使われる表現です。”Annoyed”や”Irritated”と似たニュアンスを持ちます。

例: John was sore about not have been invited to the party.
訳: ジョンはそのパーティーに招待されなかったのでイライラした。

 

[補足]

  • “About” をつけることによってイライラの理由を説明できます。
  • “Be sore”に“At + 人”を加えるとイライラした相手を表現できます。
例: John was sore at her about being late.
訳: ジョンは遅刻した彼女にイライラした。

 

スポンサードリンク

study

 

6. “Ce vexed with”

“Be vexed with” も”annoyed”や”Irritated”と似たニュアンスを持ちますが、“Be vexed with” の方がより強意的な表現です。 

例: The clients were vexed with the receptionist’s manner.
訳: 顧客達はその受付の態度にとてもイライラした。

 

[補足]

  • “I’m vexed” だけでも「イライラする」と表現することができます。”With” をつけることによってイライラの理由を説明できます。
  • “イライラさせるもの + vex + イライラする人”でもOK!
例: The receptionist’s manner vexed the clients.
訳: その受付の態度は顧客達をとてもイライラさせた。

 

スポンサードリンク

toeic1

7. “Be impatient with”

“Be patient with” は「思うようにいかずイライラする」というニュアンスを持ちます。「〜でもどかしい」ともいうことができます。

例: I was impatient with the candidates who didn’t arrive on time.
訳: 私は時間通りに来なかった候補者たちにイライラした。

 

[補足]

“I’m impatient to do”「〜したがっている」という意味も持ちます。

例: Kent is impatient to see his girlfriend who lives now in Tokyo.
訳: ケントは東京に住んでいる彼女に会いたがっている。

 

8. “It drives me crazy”

“It drives me crazy” 「イライラしすぎて頭がおかしくなりそう」といったニュアンスを持ちます。“It”の部分は特定の主語にかえることもできます。

A: The homework always drives us crazy, does it?
(宿題のせいでいつもイライラするよなぁ?)B: Totally agree! It drives us really crazy!
(それな!本当にイライラする!)

 

[補足]

“It drives me nuts!” ともいうことができます。よりスラング的です。

・「イライラする」という表現と同時に「すごく楽しい」といったポジティブな表現をすることもできます。 (日本の若者言葉でも「ヤバい」とポジティブにもネガティブにもいったりしますよね?)

例: Hey! That party drove me nuts!!
訳: よお!あのパーティーマジでヤバかったぜ!

 

スポンサードリンク

expedia

9. “Be edgy”

“Be edgy” は主に人の性格を表すときに使われます。「短気な」や「神経質な」といったニュアンスを持ちます。

A: I was scolded again by Hanako
(また花子に説教されたよ。)B: OMG. She is so edgy.
(えー!彼女ほんと短気だよね。)

 

[補足]

“Edgy”は「頭の切れる」や「格好のいい」といったポジティブな意味も持ちます。文面や会話の流れから意味を使い分けましょう。

A: Did you use an app developed by Jiro?
(次郎の作ったアプリ使った?)B: Yeah! It was so good! He is such an edge person.
(うん!よかったよ!本当あいつは頭が切れる奴だ!)

 

10. “Be crabby”

“Be crabby” も “Edgy” と同様、主に人の性格を表すときに使われます。「気難しい」というニュアンスを持ちます。 スラング的な表現なのでフォーマルな場では控えた方がいいでしょう。

例: She is crabby and sometimes i is difficult for me to treat her.
訳: 彼女は気難しいので、時々どのように接するべきか分からない。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

英語でイライラを表現するフレーズにも様々な種類がありますね!場のシチュエーションや自分の気持ちに合わせて使い分けてみてください!万国共通でいえることですが、1つのフレーズに対して幅広いボキャブラリーを持っていると、学識の高い人だと認識されます。今後皆さんが新しいフレーズを覚えていく際もこのような意識をもって学習されることをお勧めします^^

語学はインプットとアウトプットが重要です。テキストや専門サイトで単語やフレーズを覚えたとしても使わなければすぐに忘れてしまいます。1日15分でも毎日会話の時間を作ることをお勧めします! → 無料体験レッスン2回無料! DMM英会話

〜おすすめ投稿〜

[使える英語フレーズ]「ネタバレ禁止」は英語でなんていう?

[スラング英語]英語で「超イケてる!」を表すフレーズ6選!

英語で「気のせい」を表す厳選3フレーズ!

 

▲ 目次に戻る

【使える英語フレーズ】英語で「イライラする!」を表す10フレーズ」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: [使える英語フレーズ]「ネタバレ禁止」は英語でなんていう? | Multiligual Builder

  2. ピンバック: 【かんたん英会話】「いい加減にして!」「やめて!」を表す英語フレーズ 9選! | Multilingual Builder

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中